スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
- - -

赤い風船・白い馬
アルベール・ラモリス監督の「赤い風船」は1956年にカンヌでパルムドールを、またその他多くの映画賞を受賞した名作であるにもかかわらず権利の問題で上映される機会が限られていたいわば「伝説の作品」とも呼べるものだそう。この時代のフランス映画が好きと言っているくせに、わたしはこの映画のことを知らず、この夏日本でデジタル・リマスター版が劇場公開されるといういことで初めて存在を知りました。そして運よく試写で見ることができました。

しかも今回の上映はラモリス監督のもう一つの傑作、「白い馬」との2本立て。それぞれ36分と40分の短い作品なのだけど、これはたっぷり楽しめました。どちらも会話はすごく少なく、「白い馬」では少年と馬の表情や動きに釘付け、「赤い風船」ではやはり少年と、今度はなんとも不思議な赤い風船にとにかく釘付け!モンマルトルかしら?と思わせる当時のパリの街並みも興味深いのです。

                
今だったらこんな作品は作ろうとしても無理でしょうし、たとえ作られても同じような感動や興味を与えることはきっとムリ。いわゆる「すごく面白い映画!」というタイプの映画ではないけれど、ぐっと来る人にはひたすらぐっと来てしまう映画たちでしょう。わたしはかなり楽しみました。

そうそう、赤い風船のあの男の子はラモリス監督の息子なんですって。
それでもって娘も出ているというので、途中で出会うあの青い風船の子だったのかな?

2008年7月28日銀座シネスイッチほかでロードショー

*Le Ballon Rouge 赤い風船
1956年/フランス/36分
監督:アルベール・ラモリス
出演:パスカル・ラモリス、サビーヌ・ラモリス、ジョルジュ・セリエ

*Ceub Blanc 白い馬
1953年/フランス/40分
監督:アルベール・ラモリス
出演:アラン・エムリー、ローラン・ロッシュ

赤い風船・白い馬公式サイト
comments(0) - movies

スポンサーサイト
                
- - -

Comments











New Entries


About Me

Travel Inspirations
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび)
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび) (JUGEMレビュー »)
ミクロプレス
今回の旅の参考にした本です。写真がいい感じ。
Links!
Send Message
Search this site.


Recent Comments

無料ブログ作成サービス JUGEM
qrcode