スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
- - -

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展@MAM

つい先日、英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展を見に森美術館:MAMへ。森美術館へ行くのはちょっと久しぶり、振り返ってみたら最後に行ったのは去年の6月!随分ご無沙汰した模様。ここは夜10時までやっているのが嬉しい。たいてい平日の夜に行くので空いているのがまた嬉しいのだけど、今回は週末の夜というのと、終了まであと1週間ほどということもあり結構人が多かった。
英国の現代アートをにぎわせるターナー賞の歴史を、年代順に追っていくこの展示、なかなか面白かった!現代アートって正直結構理解に苦しむものもあるけれど、ストレートに響いてきて、ふむふむなるほど、と関心することも多い。これをどうやって思いついたんだろう、とあれこれ想像してみるのも面白かったりするし、あっ!という驚きや、ふふふという笑いもあったりしてなかなか楽しいものだった。

気に入ったものはいくつかあるんだけれど、一番はどれかと聞かれたら、わたしは99年受賞のスティーヴ・マックィーン作品かな。映像作品なので、見始めたタイミングによっては面白さが半減するんじゃないかと思うけど、わたしはバッチリのタイミングだったみたいでかなりツボだった。

英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展、森美術館にて7/13まで開催中。

                
comments(0) - art&design

スポンサーサイト
                
- - -

Comments











New Entries


About Me

Travel Inspirations
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび)
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび) (JUGEMレビュー »)
ミクロプレス
今回の旅の参考にした本です。写真がいい感じ。
Links!
Send Message
Search this site.


Recent Comments

無料ブログ作成サービス JUGEM
qrcode