スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
- - -

まぼろしの薩摩切子展
サントリー美術館で開催中のまぼろしの薩摩切子展、行ってきました!去年の鹿児島旅行ですっかり薩摩切子に魅了されているわたし、「まぼろしの」なんて名前がついたら行かずにはいられません。幕末の数十年間に一気に興隆し、はかない運命を遂げた薩摩切子。その誕生から終焉までの歴史を160点ほどの作品とともに見せてくれるこのエキシビジョン、1点1点宝石のようにオーラをともない(ようにわたしには見える)輝く薩摩切子にはため息が・・!西洋からやってきた無色透明のカットガラスは当時「ギヤマン」と呼ばれていたそうで、「義山満」といった当て字も使われていた様子が伺えます。語源はダイヤモンドを意味するポルトガル語の「ディヤマンテ」、と聞けば「ほほほう」ではありませんか!篤姫の徳川家輿入れの際に島津斉彬が作らせたといわれているお雛様用の道具一式や、ここで初公開となる貴重な作品も多々あり、切子ファンには必見です。5/17までやっているので、機会があればぜひ!
                
comments(0) trackbacks(0) art&design

スポンサーサイト
                
- - -


New Entries


About Me

Travel Inspirations
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび)
沖縄旅行―自然+クラフト+カフェめぐり (おんなのたび) (JUGEMレビュー »)
ミクロプレス
今回の旅の参考にした本です。写真がいい感じ。
Links!
Send Message
Search this site.


Recent Comments

無料ブログ作成サービス JUGEM
qrcode